> 新着NEWS一覧へ

2018/7/06

福岡市における民泊新法による影響

福岡市における民泊新法による影響

廃業者が続出

民泊新法が施行され、違法民泊が一掃されると予測されています。Airbnbの様な仲介業者も違法民泊の疑いがある宿泊設備を削除し、民泊新法を後押ししているのが現状です。

その一方で、民泊オーナーを廃業する人が続出しています。理由は民泊新法を守ろうとすると、多大な出費や労力を強いられるからです。

例えば、福岡市に在住している39歳の男性は、市内で所有している複数のマンションで民泊オーナーを営んでいました。

しかし、民泊新法の開始を機に、割に合わないため廃業しています。この男性はAirbnbに登録しており、これまで5000以上の人をもてなし、月に120万円を稼いだこともある人物でした。3年以上に渡って、宿泊客をもてなす努力を継続しています。

具体的には、ガイド本に掲載されていない美味しい飲食店を教え、自然を通して福岡市の魅力を伝える等、様々なことに尽力してきたのです。Airbnbに掲載される顧客評価は最上位でした。

悲鳴の理由

前述した福岡市の男性オーナーに限らず、民泊オーナーは苦境に立たされています。その理由は営業日数が年間180日と定められている点です。このルールは、常に予約待ちの宿泊設備ほど重く圧しかかります。

そして、稼げなくなったことによる問題は、民泊新法に不可欠な届け出にも影響します。民泊新法の定義上、これからは一定以上の水準の防災設備が必須です。

しかし、これまで防災設備が不十分だった場合、100万円近くの先行投資が必要になります。それを民泊で回収する時、営業日数の限度が邪魔になるのです。

以上の様に、採算面の問題が民泊新法によって浮き彫りにされた格好です。福岡市でアパート1部屋だけを貸し出している40代の女性は、しばらく当面の採算性を見極めると主張しています。

民泊新法による変化

民泊のルールが厳しくなった影響か、旅館業法上の簡易宿泊所が急増しています。福岡市には5月末時点で154の簡易宿泊所がありました。その数は、同年の3月と比較するとおよそ1.5倍です。これは簡易宿泊所の法改正によって、最低客室数が撤廃されたことも関係しています。

民泊仲介を営むAirbnbでは、無許可の民泊紹介を6月に止めました。掲載されなくなった宿泊設備は4万以上で、福岡市では896件に減少しています。ピーク時における福岡市の民泊用の宿泊設備は2000件以上でした。

福岡市の生活衛生課の小野英樹課長は、「民泊営業は健全化するはずだ。県警や県と連携し、苦情や不正への対応を徹底したい」とコメントを残しています。

■ご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください!

airbnbでお困りの方、新しくairbnbをやってみようかなと思ってる方!
airbnb代行で経験が豊富な弊社にお任せください。

物件をお持ちでない方にも弊社のスペシャリストが良物件をご紹介いたします。
物件の稼働率を高め収益が最大化になるようご提案させていただきます。

詳しい内容は下記からどうぞ
airbnb・民泊運営代行《Airbnb Supporters》