民泊とマンスリーのハイブリッド運営とは?

マンスリーマンションについて

マンスリーマンションは借り手の要望に応じて1ヶ月単位で部屋を貸し出す短期間の賃貸物件の事を指します。

敷金や礼金も必要なく、日常生活に必要な家具や家電など必要最低限の家財が備え付けられているので、「ビジネスマンの単身赴任」や「工事時の仮住まい」、「受験シーズンの滞在先」、「一時帰国した際の滞在先」など様々なお客様に需要があります。

民泊とマンスリーのハイブリッド運用で収益を最大化!

Airbnb Supportersが提案する民泊とマンスリーマンションのハイブリッド運用は観光客の多い期間を民泊として運用し、残りの185日をマンスリーマンションとして運用する無駄のない運営方法です。

民泊新法の施行により多くのAirbnbオーナーが撤退しましたが、民泊とマンスリーのハイブリッド運営をする事で今まで以上に収益を得ることができます。

面倒な手続きやスケジュール管理、民泊とマンスリーの比率設定などは不動産のプロが運営するAirbnb Suppoertersが代行致しますのでご安心ください。

2020年オリンピック目的の旅行客もマンスリーマンションを検討

2020年のオリンピック開催時にマンスリーマンションの利用を検討される外国人ゲストが急増しています。

民泊新法の施行によって今まで泊まれていたAirbnbの民泊物件は8割が削除されてしまいました。日本は今、深刻な宿泊施設不足なのです。

今から予約を取りたいとお問い合わせをされる外国人のゲストも数多くいらっしゃいます。
民泊運営に参入するなら民泊新法が施行された今がチャンスです!

物件運営の専門家 Airbnb Supportersに今すぐ相談!

今すぐ無料相談