民泊新法とは?

民泊新法とは?

民泊新法は2018年6月15日施行された民泊に関する法案で正確には住宅宿泊事業法と言います。

一言で言えば、一般住宅で宿泊業ができるようになる法律です。一般住宅で合法的に宿泊業ができるようになった半面、年間の最大営業日が180日以下という制限が付き、地方自治体が新たな縛りを儲けられるようになりました。

Airbnbへの影響は?

Airbnbは観光庁から通知を受け、2018年6月2日に住宅宿泊事業法の届け出の違法物件をAirbnb上から全て削除し非公開にしました。

また2018年6月7日にはAirbnb上から削除する前に予約が入っていた物件に関しても強制キャンセルされる事態になりました。これにより登録されていた国内の物件の8割が削除され、需要と供給のバランスが崩れたのです。

民泊の相場は上がっています。

需要と供給のバランスが崩れた事で、現在宿泊できる民泊物件の相場は1.5倍~3倍に膨れ上がっています。

それでも民泊新法の180日ルールにより、安定した利益を生み出すことが難しくなりました。これにより現在、民泊を撤退するオーナーが急増しています。

新たな運営方法が必要に

民泊を始めるとしても180日という営業日の制限があるため、営業できない残りの185日の運営方法を考えなければなりません。

そこでAirbnb Supportersがオススメするのが民泊とマンスリーのハイブリッド運営という方法です。

民泊とマンスリーのハイブリッド運営とは?

物件運営の専門家 Airbnb Supportersに今すぐ相談!

今すぐ無料相談