Airbnbとは?

Airbnbについて

Airbnb(エアビーアンドビー)は2008年8月にアメリア・サンフランシスコで創業されたサービスで、個人宅や不動産の空き部屋を有料で宿泊場所として提供したい人(ホスト)と宿泊場所を探している人(ゲスト)を繋ぐことを目的としています。

世界中のユニークな宿泊施設や一般人が所有する空き部屋を世界中の人が低価格で提供できるよう作られたサービスで、現在では世界で爆発的な人気を集めており、192カ国、33000以上の都市でゲスト(宿泊者)とホスト(宿泊施設提供者)を結び、80万人以上に宿を提供しています。

日本の部屋が足りない

日本への観光客が増加し、宿泊施設が不足している上、便利さ・安さからAirbnbを選ぶ旅行者が急増しています。

2020年の東京オリンピックに向けて、旅館業法の規制が緩和された背景もあり、今後ますます日本中でAirbnbが広まっていくと予想されています。

Airbnbで不動産収益が【2~3倍】に

Airbnbは新しい空室対策になります。
代行サービスを利用し宿泊者のニーズに合わせた部屋をプロデュースすることで高い稼働率を生み出します。

きめ細かいサービスや、信頼出来る対応により家賃相場の2倍~3倍の利益を得ることが可能です。賃貸物件でも転貸可能な部屋であればホストになれます。

しかし、2018年6月15日に民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行された事で状況は大きく変わったのです。

民泊新法とは?

物件運営の専門家 Airbnb Supportersに今すぐ相談!

今すぐ無料相談